無外流と玄黄二刀流指南! 和歌山/田辺で古流剣術・居合 剣翔会

logo
無外流とは
玄黄二刀流とは
剣翔会について
稽古内容
稽古スケジュール
お知らせ
体験・見学申込
リンク
スマホサイトへ
FB
タイトル画像

無外流 辻 月丹流祖が修めた山口流を「玄黄二刀流」として再編纂

無外流の源流である山口流は、太刀を「表」、小太刀を「裏」としていましたが、本来は大小の二刀をあわせて使う独特の二刀流でした。 玄黄二刀流は、元和6年(1620年)4月28日に創設された山口流を再編纂した流派です。
その最大の特徴は次の通りです。
(A)「最短・最速」で斬る。
(B)「出来るだけ無駄を省く動き」で斬る。

山口流は、宮本武蔵の2年前(1582年)に生まれた山口右馬之助家利(号が卜真斎)により創設された流派であり、創設された当時は二刀流の形3本と大刀の形2本しかなく、後日弟子の新富田 某が大刀の形7本、小太刀(脇差)の形7本を追加し、大刀の形を表、小太刀の形を裏と呼ぶようになり明治(1868年)まで前田藩の分家である富山藩で継承されて来ました。 無外流の流祖である辻 月丹は、この山口流の免許皆伝者として江戸で道場を開きましたが、田舎剣法として弟子になる者が殆どいないという状態でした。
その後、辻 月丹は20年間参禅に通い山口流を無外流と改めた(1693年、45才の時)のです。 私達は無外流を稽古して来た後に、無外流の源流である山口流を研究し、創設当時の二刀流に行き着きました。

二刀ならではの技が大きな魅力です。

玄黄二刀流

二刀流は一刀流よりも有利です。宮本武蔵も「左右の腕が同じ様に使えるならば、一刀よりも二刀の方が有利である」と言っています。これは極めて当然の事であり、二刀流の稽古をしてみればよく分かります。 現代の剣道のように、首筋を打たれても1本(負け)と認められないのは、現代の剣道がスポーツであり、決められた所だけしか打っていないからだという事によります。 しかしながら、本来の剣術は「殺し合い(命の取り合い)」をする剣を使っての技術です。首筋を斬られたら死にます。現代の剣道には、スポーツであるが故に「死ぬ」という事が根本思想にないのです。 私達は、剣で斬られたら死ぬ。突かれたら死ぬという当たり前の事を、稽古しています。


Copyright(C) 2014 Kenshokai / Kenshonitoukai. All rights reserved.